【Shanti Path News】2022年9月17日(第33号)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Shanti Path News】2022年9月17日(第33号)
 https://shanti-path.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハリ・オーム・タット・サット

みなさん、こんにちは。
シャンティパットの広報担当カルマ・ヨーガ・チームの発行するメールマガジン【Shanti Path News】です。

まだまだ暑い日は続きますが、朝夕は凌ぎやすくなってきました。
秋の気配にほっとしますね。

しかし、世界的に見ると、いまだ戦禍の治まる気配はありません。
9月10日に配信された「元気がでる今日のことば|ヨーガからのヒント」は、「『ありがとう』と『ごめんなさい』」と題するメッセージでした。 今の時代に、まさに求められている啓示ではないか、と思いました。
以下に転載します。
==========
いろいろな国を旅して、やはり一番大切なのは、目を見て「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えることだと感じています。
きっと戦争さえも、国と国との間で、もっと上手にこの二つのコミュニケーションがとれたら起こらないのではないでしょうか。

言わなくても分かるはずと思うのは間違いで、人はそれぞれの価値観で生きていますから、調和を大切にするなら、当然感謝は表現して伝えるべきです。 言葉の通じない国へ行っても、まず「ありがとう」だけは覚えます。
目を見て、真心で言えば、必ず愛が通うからです。

今日も素晴らしい1日になりますように。
オームナモナラヤナヤ

アメイジング・ヨーガ教室
シャンティパット主宰 紙や まさみ
==========
https://5-angels.shanti-path.com/

今月の特集は、『バガヴァッド・ギーターの神髄』です。
まさみブログやキールタン・ブログも更新されていますので、ぜひご覧ください。

それでは、第33号をお楽しみください。

─[目次]──────────
【1】『バガヴァッド・ギーターの神髄』
【2】まさみブログ「本気の扉」の新規投稿
【3】シャンティパットからのお知らせ
【4】サッチャン・キールタン・バンドからのお知らせとブログ
───────────────

──────────────────────────────
【1】『バガヴァッド・ギーターの神髄』
──────────────────────────────
紙や まさみ のレッスンでは、準備運動が終わってアーサナに入るまでの、シャヴァーサナの数分間、紙や からの短いお話があります。
テーマは、その時々で異なりますが、ヨーガに関することだけでなく、日々の生活を通して感じていることや、相談を受けていること、人生について、健康について、あるいは読んだ書籍の感想など。 私たちメンバーにとって大変有意義な、生きる指針となるものです。

スピーチは録音され、有志のカルマ・ヨーガによってテープ起こしされ、メンバー限定の専用サイトにアップされるほか、2週間に1度のペースで、まさみブログ「本気の扉」に掲載されています。 ▼ https://shanti-path.com/?post_type=campaign

ここ最近は、ヒンドゥー教の聖典のひとつである『バガヴァッド・ギーター』の詩句とその解説を朗読されています。
https://www.amazon.co.jp/dp/4862490859/

『バガヴァッド・ギーター』は、古代インドの壮大な叙事詩であり、ヒンズー教の聖典である『マハーバーラタ』第6巻の中の一部として収められており、10万編綴られている韻文詩のうち700編が「ギーター」と呼ばれるものです。 ギーターとはサンスクリットで「詩」を意味し、バガヴァンの詩=「神の詩」と訳されています。

ギーターは、王子アルジュナと、御者に扮したクリシュナとの間に織り成される二人の対話という形をとっています。
ギーターが語られる舞台は戦場。アルジュナがこれから戦い、弓矢を向けるのは、自分の師であり血の繋がった親族。人殺しなどしたくない、人を殺すなら自分が死んだ方がましと嘆く王子アルジュナに対し、神であるクリシュナは相手が親族であろうと師であろうと矢を放て、戦えと答えます。 アルジェナとクリシュナの問答が、戦場の真っただ中で繰り広げられる、その物語がギーターなのです。
クリシュナの主張する戦士としての行動規範の中には、「解脱(モクシャ)に対するさまざまな心構えと、それに至るための手段との間の対話」が織り込まれていると言われています。

ヨーガとヴェーダーンタ哲学の霊的指導者、スワミ・ヴィヴェーカーナンダ(1863 – 1902)は、「最高の愛を極めたのはキリスト、最高の人格を完成したのが仏陀、最高の智慧の書物はバガヴァッド・ギーター」と語ったそうです。

20世紀最高の神秘家・霊能者と言われるエドガー・ケイシー(1877 – 1945)は、ギーターを「もっとも普遍的真理に近い偉大な教え」と賞賛するリーディングを残したと言われています。

紙や まさみ の朗読した詩句の一部が、まさみブログ「本気の扉」に掲載されていますので、是非ご覧ください。
https://shanti-path.com/?post_type=campaign

──────────────────────────────
【2】まさみブログ「本気の扉」の新規投稿
──────────────────────────────
まさみブログ「本気の扉」では、日々のレッスンでお伝えしているメッセージを〔隔週〕で配信しています(無料)。
前号以降のメッセージをご紹介します。

◆ 魂や意識は歴史を超えている(2022.8.18)
  https://shanti-path.com/?campaign=220818
◆ 習修と離欲によって心を統御する(2022.9.1)
  https://shanti-path.com/?campaign=220901
◆ 我々の人生の源流は我々の中にある(2022.9.14)
  https://shanti-path.com/?campaign=220915

◇ まさみブログ「本気の扉」
  https://shanti-path.com/?post_type=campaign
◇ 日刊メールマガジン「元気がでる今日のことば|ヨーガからのヒント」
  https://5-angels.shanti-path.com/

──────────────────────────────
【3】シャンティパットからのお知らせ
──────────────────────────────
◆ 紙や まさみ「お誕生日会」 のお知らせ
  https://shanti-path.com/?news=birthday
◆ 『バガヴァッド・ギーターの神髄』
  https://shanti-path.com/?news=bhagavad-gita
◆ 9月・10月「体験レッスン」のお知らせ
  https://shanti-path.com/?news=trial-lesson

◇ シャンティパットからのお知らせ
  https://shanti-path.com/?post_type=news

──────────────────────────────
【4】サッチャン・キールタン・バンドからのお知らせとブログ
──────────────────────────────
◆ 10月「満月のハヴァン」のご案内
  https://kirtan.shanti-path.com/?news=havan
◆ 10月「新月のキールタン&ハヴァン」のご案内
  https://kirtan.shanti-path.com/?news=kirtan-havan

◆ 遠藤貝類博物館 〜海のミュージアムへ
  https://kirtan.shanti-path.com/?p=1869
◆ 9月18日★キールタンで、愛がいつも降り注がれていることに感謝を捧げましょう。
  https://kirtan.shanti-path.com/?p=1874

◇ サッチャン・キールタン・バンドからのお知らせ
  https://kirtan.shanti-path.com/?post_type=news
◇ SKBブログ
  https://kirtan.shanti-path.com/?page_id=9

──────────────────────────────

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
このメルマガをご友人やご家族の方にご紹介・ご転送いただければ幸いです。
それでは次号をお楽しみに。

オームナモナラヤナヤ

アメイジング・ヨーガ教室
シャンティパット
広報担当カルマ・ヨーガ・チーム
(りれいしょんず)